保津川下り、今年は12月10日で運行終了

保津川下りホームページ(保津川遊船企業組合)によると、保津川下りは今年の営業を12月10日で終了する。今年8月に発生した落石事故の調査、整備のため。

現在、落石事故の影響で170メートルほど迂回路を歩く必要があり、所要時間が30分ほど伸びるため、既に最終出航時刻を15時までとしていた。

例年ならば12月1日から3月9日の冬季営業で冬季暖房船が運航されるが、今年は冬季暖房船の運航は実施されず、12月10日までは通常のオープン船が運航されることになる。

保津川下り=亀岡から嵐山まで保津川(桂川の上流)の渓流を下る船下り。起源はいかだ流しによる材木運搬とされている

訂正とお詫び
タイトルが12月20日で終了となっていましたが、正しくは記事本文のとおり12月10日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です