容疑者を送検 東別院町の殺人事件で

亀岡署は3日、亀岡市東別院町の砕石会社「京阪砕石」の敷地内で同社役員ら二人が刃物で刺され死傷した事件で、逮捕されていた林容疑者を殺人と殺人未遂の容疑で送検した。

林容疑者は同社の下請けだった砕石運搬業を経営しており、4月上旬に廃業する旨を同社に伝えていたという。林容疑者は「仕事上のトラブルがあった」などと供述しており、亀岡署では殺人容疑で捜査を進めていた。

同社取締役の水足好廣さんは死亡、同社係長の浅野海知宏さんは意識不明の重体の状態が続いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です