ついに姿を見せた新亀岡駅

亀岡駅
23日ごろ、新亀岡駅舎の外壁工事がほぼ終了し、足場と防音シートなどが取り除かれた。これにより、新駅舎南側の外観が実際に見ることができるようになった。

亀岡駅の橋上化工事は来年春の完成を目指し、嵯峨野線、京都-園部間の複線化工事と平行して行われていた。デザインは市民有志らから構成される亀岡駅整備懇話会で採択された案を基にしている。

すでに嵯峨野線複線化工事は1年ほど遅れる見込みであることがJR西日本によって明らかにされているが、亀岡駅駅舎新築工事は予定通り来年春に完成する見込みだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です