WordPress に W3 Total Cacheを入れてみる

WordPressは高機能な代わりに非常に重いことが分かったので、キャッシュプラグインを入れてみることにした。
W3 Total Cacheが評判なので、それを使ってみる。

まぁこの手のキャッシュプラグインでよく言われる、モバイル用テーマとの相性。結論から言うと、WPTouchとは相性が悪い。
確かにこのW3 Total Cacheプラグインは、Useragentグループを設定することができ、グループごとにページキャッシュを作成できるのだけど、例えばiPhone使ってる誰かが「モバイルテーマをオフ」という操作をしてしまうと、パソコン用のテーマで表示されたページがキャッシュされ、他のiPhoneユーザーにもパソコン用テーマで表示されてしまう。したがって、モバイルデバイスではページキャッシュをしないように設定した。方法は、Page cacheのRejected User Agents:を設定するだけ。ここに設定するリストは、Useragentグループ2つに入っていたリストをつなげただけのもの。

acer\ s100
android
archos5
blackberry9500
blackberry9530
blackberry9550
blackberry\ 9800
cupcake
docomo\ ht\-03a
dream
htc\ hero
htc\ magic
htc_dream
htc_magic
incognito
ipad
iphone
ipod
kindle
lg\-gw620
liquid\ build
maemo
mot\-mb200
mot\-mb300
nexus\ one
opera\ mini
samsung\-s8000
series60.*webkit
series60/5\.0
sonyericssone10
sonyericssonu20
sonyericssonx10
t\-mobile\ mytouch\ 3g
t\-mobile\ opal
tattoo
webmate
webos
240x320
2\.0\ mmp
\bppc\b
alcatel
amoi
asus
au\-mic
audiovox
avantgo
benq
bird
blackberry
blazer
cdm
cellphone
danger
ddipocket
docomo
dopod
elaine/3\.0
ericsson
eudoraweb
fly
haier
hiptop
hp\.ipaq
htc
huawei
i\-mobile
iemobile
j\-phone
kddi
konka
kwc
kyocera/wx310k
lenovo
lg
lg/u990
lge\ vx
midp
midp\-2\.0
mmef20
mmp
mobilephone
mot\-v
motorola
netfront
newgen
newt
nintendo\ ds
nintendo\ wii
nitro
nokia
novarra
o2
openweb
opera\ mobi
opera\.mobi
palm
panasonic
pantech
pdxgw
pg
philips
phone
playstation\ portable
portalmmm
proxinet
psp
qtek
sagem
samsung
sanyo
sch
sec
sendo
sgh
sharp
sharp\-tq\-gx10
small
smartphone
softbank
sonyericsson
sph
symbian
symbian\ os
symbianos
toshiba
treo
ts21i\-10
up\.browser
up\.link
uts
vertu
vodafone
wap
willcome
windows\ ce
windows\.ce
winwap
xda
zte

深くは考えずに設定したが、とりあえずAndroidではうまく動いている。iPhoneは持ってないので知らない。

ちなみに、Pagecacheを切ってもDBやObjectがキャッシュされるので、それなりに効果がでるし、うちのサイトをモバイルから見るのは僕ぐらいしかいないだろうから、特に問題ないだろう。

 

さらに設定を最適化していきたい。

Page Cache、Minify、DB Cache、Object Cacheを有効にする。ここで、それぞれのキャッシュの保存先をどうするかという問題がある。

うちの環境ではキャッシュ用に、DiskとMemcachedが使える。パフォーマンスを考えると全部memcachedにしたほうがいいのかと思っていたが、次のページを見るとそうでもないらしい。

http://cd34.com/blog/scalability/wordpress-cache-plugin-benchmarks/

結果では、ページキャッシュはDisk (Enhanced)、その他をAPCに設定するのがベストらしい。うちではAPCは使えないので、memcachedで代用する。これでもそれほど違いはないはずだ。

これらの結果、さくらVPS 1GBプランの環境でのレスポンスタイムは、未キャッシュの状態で約5秒、キャッシュ済みの状態で約1〜3秒まで向上した。ただ、コメント投稿とかのアクションではレスポンスに20秒ほどかかってしまう。これはスパム対策プラグインが悪さをしているのだろうか。とりあえず色々調整していこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です