Sony Reader PRS-G1 レビュー

久々の更新。ども。
さて、買ってしまいました。PRS-G1。
11/25の発売日には入手していたのですが、諸々の事情でレビューが遅れてしまいました。
SONYに対しては文句も色々あるのですが、まぁこちらのミスでもあるので、あんまり追求はしないつもり。

第一印象は、さすがソニー、良いものを作ってきたな、という感じ。
電子インク液晶はさすがに美しい。色々課題点もあるけど、それは他の機械でも同じなので気にならない。

Amazonのkindleに比べて、日本語入力も出来るし、インターネットブラウザでは3つまでだがタブ(ウィンドウ)が使用できるという点もアドバンテージ。思ったよりも快適にブラウジングできるし、3Gも使えるのもGOOD。

ざっとこんなもん。
ここからは改善を願いたい部分。

■サービス関連

  • PCがなければアクティベートが出来ない。3G開通・解約も本体だけでは完結しない。iPhoneが通ってきた失敗から何故学ばない?
  • 3G申し込み手続きが二重で出来てしまう。もちろん2回目のはエラーになるけれど。ボタンが押せてしまう時点で間違ってる。最後までいかなくても、ソニーのページから解約もプラン変更も出来なくなってしまう。サポセンに連絡しても対応が遅く、購入後の土日は3Gが使えなかった。
  • 本体からReader Storeにアクセスしても、ID/パスワードを求められる。購入時にはもう一度パスワード入力を求められる。Androidマーケットのようには簡単に買えない。パスワード打つときに冷静になって買うのやめる人が多そう。別に僕は良いけど、ソニーとしては損してるんじゃないかなと思う
  • Reader Storeの書籍は著作権保護されているけど、他の場所で購入したら同じ書籍が保護なしで買えることもある。
  • 「PCで買ったら、(端末をPCに接続しなくても)端末に自動でダウンロードされる」という仕組みがない
  • 「お試し版」をDL後、完全版を購入した場合、統合してくれない。いちいち「お試し版」を消すのがめんどくさい
  • 電子書籍全般に言えることだが、本が少ない。新刊があんまりない。かといって絶版になったようなのもない。欲しい本が殆ど無いから中途半端。

■ハードウェア関連

  • 500mAの電源では充電出来ないことがある。スタンバイ中のPCのUSBポートに挿しても充電してくれない。同じPCでもAndroidなら充電出来る。
  • 漫画を読むにはもう少し解像度が欲しい。普通の単行本サイズのマンガでアレだから、ナウシカとか読めないと思う。
  • タッチパネルが誤検出することがある。明らかにずれた位置がタップされたことになったり、触ってすらいないのに本体に影がかかったときに画面が切り替わったりする
  • 重力センサーが欲しい。本体がどっち向いてるか自動で検出してほしい

■ソフトウェア関連

  • 右綴じのpdfのページめくり方向が正しくない。左綴じと同じようになってしまう。日本メーカー製の機種なのに対応してない不思議。Kindleと違って言い訳出来ないはず
  • ページめくり操作に統一感がない。画面上のボタンを押す場合、ハードキーを押す場合、または、そのどちらかしか使えない場合がある。
  • IMEで文節区切りの調整や文節移動ができない
  • IMEで英字入力の時に推測変換が出ない
  • ブラウザの最大ウィンドウ数が少なすぎる。メモリ搭載量からすると仕方が無いかも知れないけど、もう1面ぐらいは欲しい
  • ブラウザでコピー&ペーストが出来ない
  • ブラウザのUserAgentに「Android」の文字列が含まれないので、モバイルに特化したページが表示されない。
  • ブラウザで、PC版のGMailが上手く使えない。表示はされるけど、操作がうまくできない
  • ブラウザの、レイアウト自動調整がうまく動いてない気がする。標準的なAndroidなら画面幅に合わせてレイアウト調整してくれるのだけど、PRS-G1では調整が控えめというか変。
  • フォルダという概念がない。書籍の整理が出来ない訂正: 「コレクション」という機能でタグベースの管理ができるようです。
  • 上部のステータスバーに時計表示がない。時計ぐらい表示しても良い気がする。読書中に時間忘れてることがあるので。
  • 旧モデルよりも対応ファイル形式が少ない?

ソフトウェア的な部分は、総じてまだまだ未完成な感じがするので、ぜひ改善していただきたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です