SourceTree設定画面

SourceTreeで日本語ファイル名を正しく扱う方法

SourceTreeは、MacOSX用のgitフロントエンド。
例に漏れずUTF8-MAC問題を抱えている。他OSで作成されたリポジトリに日本語ファイル名や、その他マルチバイト文字、アクセント記号付きアルファベット等を含むファイル名が含まれている場合、正しく扱うことができない。
それは、バックエンドのgitが古いバージョンだから。

この記事では設定方法を紹介する。

ステップ1 Gitをインストールする

まず、以下の記事の手順を参考にgit 1.7.12以降のgitをインストールする。

git 1.7.12でUTF8-MAC問題が解決

ステップ2 SourceTreeが新しいGitを使うよう設定する

次に、SourceTreeの環境設定で、Gitタブの、「システムのGitを使用する」ボタンを押す。

SourceTree設定画面
SourceTree設定画面

ファイル選択ダイアログが開くので、先ほどインストールしたgitのバイナリを選択する。(先述の記事の手順であれば、/opt/local/binにあるはず)

上記画像のように、システムのGitのバージョンが1.7.12になっていたら成功。

ステップ3 リポジトリの設定を行う

ターミナルから、リポジトリのディレクトリに行き、以下のコマンドを実行する。

git config --local core.precomposeunicode true

以上の3ステップで、日本語ファイル名が正しく扱われるようになる。

ね、簡単でしょ?

「SourceTreeで日本語ファイル名を正しく扱う方法」への1件のフィードバック

  1. gitの勉強を始めました。
    日本語ファイル名だとエラーになってしまったため、
    教えていただいた通りに実行したら、できました。

    感謝感激です!
    ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です