HGST 0S03088をツクモ経由で修理に出した

この前バックアップ用に買ったHGST 0S03088が、ランダムシーク時に耳障りなカチカチ音が鳴るという持病(?)を抱えていたので、昨日修理に出した。
クロネコの追跡では、本日ツクモの修理受付に到着したようだ。

一昔前のHDDならあり得る程度の音なのだけど、心臓に悪い音なので、一応修理に出してみる。
まぁ、故障じゃないと判定されてそのまま送り返される可能性もあるけど。
もう一台ある0S03088からはそんな音はしないのできっと何かの具合が悪いのだと思う。

本当なら初期不良交換の期間なのだけど、在庫がないらしく、修理対応となった。
修理(というか実質的には交換)にかかる期間(日数)は約1ヶ月とのこと。代理店に在庫があれば10日前後で帰ってくることもあるようだ。
とはいえ普通の店にはもう在庫が無い状態の今、10日で帰ってくることはないだろう。
40日かかったという記事もあるので、とりあえずそれぐらいは覚悟しておかねば。

さて、何日かかることやら。

「HGST 0S03088をツクモ経由で修理に出した」への3件のフィードバック

  1. 私も同一型番で購入先のドスパラに修理出しました。
    チェックに1日かかり、保障修理が確定した後、
    3週間ほどでメーカーから直送で新品が届きました。
    RAID5で使用していましたので、新たに1個追加購入し、
    修理上がりはコールドスタンバイ状態です。

    早く届くといいですね。
    あとドスパラは、メーカー任せではなく窓口として
    修理完了連絡くらい欲しかった!

    1. コメントありがとうございます。
      保証修理となるのかどうかも連絡がないですが、気長に待ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です