【随時更新中】Windows 8 の気付きにくい使い方

Windows 8 の使い方について、発見があれば随時このページに記述していく。
Windows 8を導入してから2ヶ月以上が経ち、ようやく使い方に慣れてきたところだ。(現在はIEEE CSのDreamSpark Premiumで入手したライセンスを使用している)
使い方に関して気付きにくい点など備忘録として書いていきたいと思う。

PCをシャットダウンするには電源を切るには

マウスを画面の右上角に持っていき、チャームバーを開く。
そして、設定→電源→シャットダウンの順にクリック。

スタート画面からアプリを検索する

アプリを検索するには、チャームバーから「検索」を選ぶのが普通だが、スタート画面で何かキーをタイプすると検索画面に切り替わる。

Modern UI上でIMEを切り替えるにはWinキー+スペース

現時点でModern UI上で使用出来るIMEはMicrosoftの純正のものだけだ。
ATOKやGoogle 日本語入力をメインに使用していると、スタート画面やModern UI上のアプリで日本語入力ができなくなってしまう。
Winキー+スペースを押してIMEを切り替える必要がある。

Winキー+Xでメニューが出る

タスクマネージャーやコマンドプロンプト、名前を指定して実行などを開くことができる。地味に便利。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です