Adobeの次期バージョンがCreative Cloudに一本化されるので困った

現在、Adobe CS5のマスコレ(学生版)を持っている。
1メジャーバージョン飛ばしで買うつもりだったのだけれど、CS7を待つよりも速くCS終了でCreative Cloudに一本化されてしまうらしい。

そこまで困ったと言うほどの話ではないのだけど、個人レベルで購入しづらくなったなあという印象。
今後どうしようかということを急遽検討中。

放送大学に入っているので、学生版が購入できる。
学生版Creative Cloud(以下CC)の場合、通常価格は、4,000円/月で、年額に換算すると48,000円/年。2年半に換算すると120,000円である。学生版のパッケージは、125,790円なので、2年半毎にパッケージを買い換えるような感じのコストである。

パッケージ版を1メジャーバージョン飛ばしで購入する(4年サイクルで購入する)のに比べると、2倍近いコストがかかることになる。

まぁ1メジャーバージョン毎に買い換えることを想定した価格設定なんだろうなあ。でも、それだと得をするのは、1マイナーバージョン毎に買い換えてる層だけなんじゃないかなとも思う。いずれにせよ、契約切れたら使えなくなる時点でアレ。

うーん、辛い。

これに、さらに放送大学の費用が乗ってくるのだから、救われない話である。
CS7までパッケージ版残してくれたら良いのに、と思わざるをえないが、まぁアドビ帝国様様なので、どうしようもない。
とりあえず、CS5を限界まで使い続けるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です