カテゴリー別アーカイブ: 小説

電撃文庫大賞応募、間に合わないことが確実に

電撃文庫大賞に応募するために小説を書いていたのですが、どうやら間に合わないことが確定しました。
推敲に割く時間もないので、もうだめぽですね。
今回は色々と募集要項も好条件だったのですが、残念です。
書き始めが少し遅すぎました。

アスキー・メディアワークスは角川に買収されたので、来年以降どうなるか分からないですが、来年のチャンスに掛けたいと思います。

といっても、何かするにも作品のストックは必要ですね。
MyISBNとかで初日に出版していれば、それなりに紹介されたり、売れたりしたはずですから。

というわけで、寝ます。
エクストリーム眠いので。

小説書くの難しい

一部の人は知っているかも知れないが、ずっと前から同じネタで小説を書こうとしている。あらすじもある程度固まっているのだけど、実際書いてみると、主人公やヒロインを魅力的に描くのが難しく感じる。

なんだろうか。今書いてる小説の主人公は大人しいし、ヒロインもどっちかというと、無表情系だから扱いにくいのかも知れない。根本的に、キャラクタ配置を誤っているような気がする。うーん、なんだかなあー。