タグ別アーカイブ: Windows8

【速報】Windows 8.1 RTMとServer 2012 R2 RTMがTechNetで公開

当初、Technet/MSDNユーザーであっても一般公開(GA)よりも前にWindows 8.1のRTM版とWindows Server 2012 R2を入手することはできないと発表されていましたが、開発者のフィードバックを受けて公開する運びになったようです。

筆者もさきほど確認し早速ダウンロードをしているところです。

Technet Windows 8.1ダウンロード画面

取り急ぎ速報まで。

画像/プレビュー版のWindows8.1とTechnetのダウンロード画面

【随時更新中】Windows 8 の気付きにくい使い方

Windows 8 の使い方について、発見があれば随時このページに記述していく。
Windows 8を導入してから2ヶ月以上が経ち、ようやく使い方に慣れてきたところだ。(現在はIEEE CSのDreamSpark Premiumで入手したライセンスを使用している)
使い方に関して気付きにくい点など備忘録として書いていきたいと思う。

PCをシャットダウンするには電源を切るには

マウスを画面の右上角に持っていき、チャームバーを開く。
そして、設定→電源→シャットダウンの順にクリック。

スタート画面からアプリを検索する

アプリを検索するには、チャームバーから「検索」を選ぶのが普通だが、スタート画面で何かキーをタイプすると検索画面に切り替わる。

Modern UI上でIMEを切り替えるにはWinキー+スペース

現時点でModern UI上で使用出来るIMEはMicrosoftの純正のものだけだ。
ATOKやGoogle 日本語入力をメインに使用していると、スタート画面やModern UI上のアプリで日本語入力ができなくなってしまう。
Winキー+スペースを押してIMEを切り替える必要がある。

Winキー+Xでメニューが出る

タスクマネージャーやコマンドプロンプト、名前を指定して実行などを開くことができる。地味に便利。

IEEE CS 学生会員なら日本語版Windows 8 / Server 2012 が入手可能!

IEEE CS学生会員になるとDreamSpark PremiumのソフトをDLできるという特典がある。(ただし一部のソフトに限る)
これでも一応放送大学の全科履修生なので、学生会員として登録している。

DreamSpark Premiumは旧MSDN AAのことで、通常のDreamSparkに加えて、様々なマイクロソフト製ソフトウェアのダウンロードが可能なサービスである。ただし、学生向けのため商用は不可。

IEEE CSの学生会員(有償)として登録すると、14日程度でDreamSpark Premiumのアカウント登録の案内メールが送られてくる。
この辺りの手続きは全て英語。

あまりにも僕のような無料DL目当ての人が多かったためか、Windows 7は入手不可能だった。
(そもそもIEEEのMSDN AA/DreamSpark Premiumで入手可能なソフトウェアは、一部に限られており、MSが公開すれば自動的にDL可能になるわけではない。管理者が追加したり削除したりできるようだ。)

今回もWindows 8は入手不可能だと思っていたのだけれど、なんということでしょう。

IEEE CS で Windows 8
IEEE CS で Windows 8

ソフトウェア一覧に追加されているではありませんか。
もちろん日本語もある。

というわけで、学生の皆さんおめでとうございます。
今IEEE CS学生会員になればWindows 8を入手できます。

といっても、Windows 8自体、アップグレード版がかなり安く手に入るっぽいので、Windows 8単体ではあんまり魅力的ではないかもしれない。登録に25ドル〜50ドル(時期によって違う?)ぐらい必要なので、元は取れない。Visual Studio 2012 UltimateとかSQL Server 2012あたりもDLできるので、どちらかといえば、ここら辺にうまみを感じる人向けである。

また、方針変更でいつWindows 8が入手不可になるかも分からないので、登録しようと思う方は早めに手続きを行った方が良いだろう。
繰り返すが、DreamSpark Premiumの使用には登録から14日程度は必要だ。

ちなみに、ソフトの一覧は登録しなくても閲覧可能なので、以下のリンクから確認して欲しい。
DLできるソフトの一覧

ここにないソフトでも管理者に頼めば追加してくれることもあるようで、だめもとで頼んでみるのも良いかもしれない。

Win 8 RTMのWindows To Goは16GBのUSBメモリにインストール可能(制限あり)

Windows To Go
Windows To Go

BuffaloのUSB3.0のUSBメモリをUSB2.0ポートに挿して実験。
インストール直後は5GB程度使用。

ここの記事を参考に。
“第6回 Windows 8をUSBメモリで持ち運ぶ、Windows To Go – @IT

続きを読む Win 8 RTMのWindows To Goは16GBのUSBメモリにインストール可能(制限あり)

【悲報】Windows 8 を古いPCに入れようとした→無理だった。古いCPUには非対応

Windows8は「Windows 7 が動作するのと同じハードウェアで問題なく動作します」ということなのと、Windows7よりも動作が軽いという話を以前聞いたことがあったので、古いPCに入れようと思い立った。

しかし、結論から言うと失敗だった。

Windows 8 起動に失敗
Windows 8 起動に失敗

続きを読む 【悲報】Windows 8 を古いPCに入れようとした→無理だった。古いCPUには非対応

SendWinKey公開。Windows 8 向けチャームバー起動ショートカット等に

Windows 8ではチャームバーやスタート画面を開くためにマウスを画面の隅に持っていく必要がありますが、キーボードショートカットでも開くことができます。

Winキー = スタート画面
Winキー+C = チャームバー

しかし、Androidのサードパーティアプリなどからリモートデスクトップ接続するとき、このようなショートカットキーは入力しづらいということがあります。

そこで、Winキーと任意のキーを同時に押すキーストロークをシミュレートするだけの単純なプログラムを作成しました。
その名もWinKeySendです。

Windows 8なら動くと思います。

Vectorからダウンロード出来ます。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se499006.html

ソースはこちらから。
https://bitbucket.org/butaman/sendwinkey