カテゴリー別アーカイブ: 趣味

メインPCを更改した

新PC

メインPCを更改しました。

CPUは、発売されたばかりの、Intel Core i7 4930K!
6コア12スレッドですよ。CPU表示が楽しい!
CPU!
いやー1年以上貯金してきたかいがありました。
といっても、体感速度はそんなに変わらないのでアレですけどね。

エンコードの速度とかは割と早くなってるんで、いいんじゃないでしょうか。
After Effectsとかで動画編集するときは体感速度が改善されたような気がします。

HTC J Oneレビュー

以下、下書きフォルダに入ったままだったので、慌てて公開。

買っちゃいました、au HTC J One。
iPhone5からの機種変です。

iPhone5の電波の掴みがビックリするほど不安定なので機種変しました。
繰り返し言います。
iPhone5の電波の掴みがビックリするほど不安定なので機種変しました。

まあ、厳密に言うと、機種変ではなく、新規契約&SIM差し替えですけどね。iPhoneの毎月割が結構高額なので、こうした方が安くなります。

さて感想を。

やっぱ、HTC良い。Android良いわー。

au iPhone5は電波の掴みが不安定な上LTEエリアが少ないので何とも言えない不快感があったのですが、HTC J OneはLTEエリアも広くて快適です。

え、それだけ?

ええ。当たり前のことがちゃんと出来ている、というのが大切なのです。

SUGOIBATTERY (リチウムタイプ) レビュー 

SUGOIBATTERY
SUGOIBATTERY

家庭内BCP(事業継続計画)プロジェクトの一環として(嘘)、超弩級バッテリーSUGOIBATTERYを購入しました。
使い道は色々考えていて、OPAP-JPや、某友の会のほうで使うことを考えています。というわけで簡単なレビューをば。

容量

さて、このバッテリー、スペック上は75,000mAh(3.7V換算)で、277Whの容量があります。12Vのシガーソケットで出力できるので汎用性があります。この手のバッテリーで重要なのはスペックよりも実測値なのですが、残念ながら計測するための計測器がないため感覚的な感じになりますがご了承を。

実験として、MacBookAir 11インチ (2011 Mid, Core i7モデル)をクルマDEチャージャー(15V出力設定)経由で接続して使用してみました。事前にワットモニタで確認したところ、普通に使用しているときの電力は20W前後、スリープ時は5W前後でした。使用用途はChromeでブラウジング、動画視聴等です。

22:00 給電開始
22:00~04:00 通常使用(電池86%開始、100%まで充電後はそのまま)
04:00~09:00 スリープ状態
09:00~10:00 通常使用
10:00 ここでバッテリーLEDが赤色に
10:00~11:00 通常使用
11:00 バッテリー切れ

というわけで、使用時間8時間、スリープ5時間という感じです。ここから使用した電力量をざっくり計算すると

20[W] * 8[h] + 5[W] * 5[h] = 185[Wh]

となります。
本当にざっくりですけどね。

クルマDEチャージャーの変換効率は不明ですが、80%として計算すると、

185[Wh] / 0.8 = 231.25[Wh]

ですので、損失分を含めると、このバッテリーで給電できる容量は230Wh程度ということになります。活入れとかをすればもう少し伸びるかも知れませんね。

感想等いろいろ

2.2kgもあるので、重いです。普段から持ち運びする用途には向かないと思われます。ただ、リチウムポリマーなので同容量の鉛蓄電池(10kg前後)に比べれば随分軽いので、そこら辺は問題ないでしょう。

Made in Chinaですが、国内設計のためか、頑丈そうな作りです。いうほどチャチではないですね。端子類もしっかり使えます。ただ、シガーソケットは若干経が広めのようで、クルマDEチャージャーのプラグはぐらつきます。ぐらついて接触不良になるので不便です。公式で販売している奴のほうが安心できそうです。

充電用ACアダプタは直付けタイプなのにごついので使い勝手が悪いです。しかも、振ったらカラカラ音が鳴るのは一体何でしょうかw充電しているときはACアダプタが若干熱を持つので、布団の下敷きとかになってしまうとヤバイかも知れません。

シガーソケットから出力される12V電圧は安定化されておらず、セル電圧をそのまま引っ張っているようです。公式の仕様表によると、12W~10Wの間で変動します。残容量が少なくなると電圧も小さくなるということですね。したがって機器の相性が発生します。たとえば、市販のACインバーターなどでは通常11Vを切ると低電圧保護回路が動作し電力をカットするか、警告音を出したりします。これも公式のACインバーターを使用する方が無難のようです。定電圧レギュレータを挟んでくれた方が使い勝手は良いでしょうね。

残量表示も「残量少」だけですので残量の様子見ながら使うということは単体では出来ません。まぁセル電圧が12Vラインに出ているので、電圧計があればすぐに分かりますが単体ではどうしようもなさそうです。あとは、充電中はLEDが消灯しているので充電中なのか、完了したのか分かりません。これはカイゼンを願いたいところです。(せめてACアダプタの方のLEDで判別できるようにするとか)

結論

  • 容量はスゴイ。
  • 使いやすさは期待してはいけない。
  • 明確な目的(ノートPCに給電する等)があるのであれば、SUGOIBATTERYよりもPower Pond ProやHyperJuiceあたりのほうが幸せになれるかも知れない。

Adobeの次期バージョンがCreative Cloudに一本化されるので困った

現在、Adobe CS5のマスコレ(学生版)を持っている。
1メジャーバージョン飛ばしで買うつもりだったのだけれど、CS7を待つよりも速くCS終了でCreative Cloudに一本化されてしまうらしい。

そこまで困ったと言うほどの話ではないのだけど、個人レベルで購入しづらくなったなあという印象。
今後どうしようかということを急遽検討中。

放送大学に入っているので、学生版が購入できる。
学生版Creative Cloud(以下CC)の場合、通常価格は、4,000円/月で、年額に換算すると48,000円/年。2年半に換算すると120,000円である。学生版のパッケージは、125,790円なので、2年半毎にパッケージを買い換えるような感じのコストである。

パッケージ版を1メジャーバージョン飛ばしで購入する(4年サイクルで購入する)のに比べると、2倍近いコストがかかることになる。

まぁ1メジャーバージョン毎に買い換えることを想定した価格設定なんだろうなあ。でも、それだと得をするのは、1マイナーバージョン毎に買い換えてる層だけなんじゃないかなとも思う。いずれにせよ、契約切れたら使えなくなる時点でアレ。

うーん、辛い。

これに、さらに放送大学の費用が乗ってくるのだから、救われない話である。
CS7までパッケージ版残してくれたら良いのに、と思わざるをえないが、まぁアドビ帝国様様なので、どうしようもない。
とりあえず、CS5を限界まで使い続けるか。

電撃文庫大賞応募、間に合わないことが確実に

電撃文庫大賞に応募するために小説を書いていたのですが、どうやら間に合わないことが確定しました。
推敲に割く時間もないので、もうだめぽですね。
今回は色々と募集要項も好条件だったのですが、残念です。
書き始めが少し遅すぎました。

アスキー・メディアワークスは角川に買収されたので、来年以降どうなるか分からないですが、来年のチャンスに掛けたいと思います。

といっても、何かするにも作品のストックは必要ですね。
MyISBNとかで初日に出版していれば、それなりに紹介されたり、売れたりしたはずですから。

というわけで、寝ます。
エクストリーム眠いので。

法人化したい (現状は無理だけど)

ここのところ各所で呟き回っている標記の件について。
このブタマン君プロジェクトは営利目的ではないのですが、法人化する目的は、主に以下の内容です。

  • ITに関連した緒問題の解説、対策法の周知、およびそれらによる日本のIT環境の向上への貢献
  • オープンソースソフトウェアの制作・公開
  • 上記をテーマとした小説もしくはその他の出版物または映像作品の、企画、制作、頒布、及び展示
  • インターネット上での創作活動への支援
  • 法人しか契約できないサービスまたは商品を契約または購入
  • 純粋に「法人」というのが格好いい

最初の1つめのは、ほとんど個人としてやったほうがメリットが大きいので、どちらかといえば、「創作活動への支援」に内包されそうです。自分自身の創作活動「も」支援するという意味で。

法人化するメリットは以下の通りです。

  • 法人しか契約できないサービスまたは商品を契約または購入できる(例:展示施設を借りる、広告媒体に掲載する、ルーターの保守契約を契約できる、法人割引を受けられる、ニコニコチャンネルを開設出来る)
  • 純粋に「法人」というのが格好いい
  • 法人であれば法人を主体として契約できるため、万が一の時の事業継承も楽

なんで法人化しなければならないの?と思う方も多いかも知れませんが、以上のような法人の特典が、自分にとって大きいからなのです。個人なら相手にしてもらえないところが多い中でです。法人すげー。

ただ、法人化するのにはデメリットが結構あります。

  • 就業規則で、他の法人の役職員になるためには社長の許可が必要だと明記されているため、社内の偉い人に相談しなければならない
  • 非営利型の法人でなければ、毎年8万円の法人住民税が必要(亀岡市の場合)
  • 非営利型の一般社団法人には、自分以外に二人の理事が必要。その二人は家族や三親等以内の親族であってはならない
  • NPO法人は10人の正会員が必要な上に、自分以外に3人の理事・監事が必要。手続きも超めんどい

会社の偉い人に相談しないといけないというのは超面倒くさいですが、相談すれば通りそうな気がします。

それよりも致命的なのが、営利活動を目的としないにもかかわらず毎年8万円も持って行かれることです。基本的に収益を得られる事業ではなく、支援や啓蒙活動のような方向性なので、出費ばっかりがあって、儲けはからっきしないわけです。まともに活動すればするほど費用がかさむというアレです。

けれども一番法人化しやすい「合同会社」という形態では、営利目的であることが前提のため、法人住民税が免除されることは基本的にありえません。(休眠会社化するという手はありますが、そうすると、法人化のメリットも得られなくなります) 非営利型の一般社団法人であれば免除されるはずなのですが、上記に書いたように家族や三親等以内の親族以外で理事を探さなければならないわけです。NPO法人は言わずもがな。

実態に一番あった法人は、非営利型の「一般社団法人」です。
ただ、基本的に自分がやりたいことをやるための法人のため、他人を引き込むのも中々難しいのではないかと思います。元々そこまで親しい友人は少ないですし、名前を貸してくれといっても、そもそも名前を貸すという行為はリスクが伴うわけで、そういうリスクに友人を巻き込むのは申し訳ないわけです。リスクを承知でどうしても協力したいと言ってくれる人がいれば良いのですが、まぁ期待はできないでしょう。

となると、残るのはやはり「合同会社」です。こいつは一人でも登記&設立できる法人です。あの西友も合同会社です。ただ、名前はあんまり格好良くないですし、活動する以上どうしても毎年8万円の税金を払わなければなりません。それに世間的に見て会社は営利を目的としたものですから、いくら非営利事業と主張しても信じてもらえず、「アヤしい会社」というイメージに見られる可能性が高いです。

というわけで、しばらくはこの話は実現しなさそうです。
まあ、毎年躊躇せずに8万出せるほど給料が上がればいいんですけどね!
(ひどいオチ)

P.S.

ちなみに、もし友人諸氏の中に理事になっても良いという物好きの方がおられましたらご連絡下さい。