カテゴリー別アーカイブ: インポート記事

まもなく就職

ずっと放置しているうちにもう就職です。
これからも放置が続くのかなあ…

そろそろ新年度

いよいよ大学最後の1年です。
先日の成績発表で『ヒヤヒヤ』していた科目も単位が取れたことで、卒研を除けば、単位も残すところ3科目分。

成績的にも奨学金が継続されそうで、ほっとしています。

4年間って考えてみれば長いようで短いな、と思います。
小学校の1年生から4年生になるまでのほうがもっと長く感じたのではないかと思うぐらいです。

そして、大学3年間はいろんな物に手を出した3年間でした。
大学に入るまでノータッチだったデータベースについては、今やこちらのほうが得意分野になっていたり。

残りの一年は卒業研究に打ち込むことになりそうですが、有意義に過ごしたいと思っています。

ああ、シューカツ終わったら、旅行したいな。

JR嵯峨野線 複線化開業 記念列車を運転

ヘッドマークを取り付けられた記念列車
13日、JR嵯峨野線(山陰本線)京都駅-園部駅間の複線化工事が完成し、新ダイヤでの運行が始まった。

同線では、現在の新線が開通した1989年以降、長らく残っていた単線区間について2003年から複線化工事が行われ、2009年の複線化開業を目指していた。しかし、沿線住民との交渉や防音壁設置工事のために工事は遅延し、今年春の複線化開業となった。

この複線化開業を記念し、同線では京都駅・園部駅の双方から「祝・複線化開業」と書かれたヘッドマークがあしらわれた記念列車の運転が行われた。

園部駅での出発式典では、南丹市のイメージキャラクタである「さくらちゃん」が一日駅長を勤め、「さくらちゃん」の出発合図とともに記念列車が走り出した。

新ダイヤでは、通勤時間帯の快速列車の増発や運行間隔の均等化が行われ、利便性が向上する。

トロッコ列車 エンジン不具合で立ち往生

京都新聞が伝えるところによると、16日夕方4時ごろ、嵯峨野観光鉄道、トロッコ保津峡駅~トロッコ亀岡駅間を走行中のトロッコ列車が機関車のエンジントラブルにより立ち往生した。列車はトンネルの中に1時間ほど停車した後、乗客は線路沿いを歩きトロッコ亀岡駅に向かったという。トロッコ亀岡駅には消防が出動したほか、この事故により列車はすべて運休した。

また、明日以降の運転については未定となっており、17日午前1時現在、公式サイト上で発表も行われていない。予備のディーゼル機関車は梅小路蒸気機関車館に配置されているが、これを使用して運転を再開するかどうかも不明だ。

=10/17追記=
17日現在、嵯峨野観光鉄道は平常どおり運転を行っています。

さて後期が始まったわけですが

夏休みに一応プログラミングしますよーって記事を書いたのですがまぁ実績も無い人にプログラミングを依頼する人なんていませんよね。まぁ、そうですよね。

教習所の資金やら、趣味の旅行やPCやカメラの資金を得るために食事をケチって稼がないといけないのはどうも精神衛生上よくありません。

というわけで、来るのを待っていては何もおこらない!
とか思ってバイトを探していたのですが、どうも見つからないのです。まぁそもそもIT系のバイトなんて1週間朝から夜まで拘束されますよね。学生には出来ません。

そんな時一通のメールがマイコンで舞い込んで来ました。
大学の学生バイトのひとつである何とかスタッフの募集メールです。

とりあえず応募してみようと思っています。

シェルスクリプトを書いてウヒヒヒな人ではないのですが、まぁ一応学校のLinux環境の標準シェルがshなのが気に入らなくてbashに変更した悪趣味極まりない人種なので人のことは言えません。

Linuxはmanコマンドとgoogleでコマンドやconfigファイルの書き方を確かめながらなら一通り使える人なので、採用されればそれなりに役に立つだろうとは思うのですが…。

とりあえず書類を書き書きしています。