タグ別アーカイブ: 法人化計画

法人化したい (現状は無理だけど)

ここのところ各所で呟き回っている標記の件について。
このブタマン君プロジェクトは営利目的ではないのですが、法人化する目的は、主に以下の内容です。

  • ITに関連した緒問題の解説、対策法の周知、およびそれらによる日本のIT環境の向上への貢献
  • オープンソースソフトウェアの制作・公開
  • 上記をテーマとした小説もしくはその他の出版物または映像作品の、企画、制作、頒布、及び展示
  • インターネット上での創作活動への支援
  • 法人しか契約できないサービスまたは商品を契約または購入
  • 純粋に「法人」というのが格好いい

最初の1つめのは、ほとんど個人としてやったほうがメリットが大きいので、どちらかといえば、「創作活動への支援」に内包されそうです。自分自身の創作活動「も」支援するという意味で。

法人化するメリットは以下の通りです。

  • 法人しか契約できないサービスまたは商品を契約または購入できる(例:展示施設を借りる、広告媒体に掲載する、ルーターの保守契約を契約できる、法人割引を受けられる、ニコニコチャンネルを開設出来る)
  • 純粋に「法人」というのが格好いい
  • 法人であれば法人を主体として契約できるため、万が一の時の事業継承も楽

なんで法人化しなければならないの?と思う方も多いかも知れませんが、以上のような法人の特典が、自分にとって大きいからなのです。個人なら相手にしてもらえないところが多い中でです。法人すげー。

ただ、法人化するのにはデメリットが結構あります。

  • 就業規則で、他の法人の役職員になるためには社長の許可が必要だと明記されているため、社内の偉い人に相談しなければならない
  • 非営利型の法人でなければ、毎年8万円の法人住民税が必要(亀岡市の場合)
  • 非営利型の一般社団法人には、自分以外に二人の理事が必要。その二人は家族や三親等以内の親族であってはならない
  • NPO法人は10人の正会員が必要な上に、自分以外に3人の理事・監事が必要。手続きも超めんどい

会社の偉い人に相談しないといけないというのは超面倒くさいですが、相談すれば通りそうな気がします。

それよりも致命的なのが、営利活動を目的としないにもかかわらず毎年8万円も持って行かれることです。基本的に収益を得られる事業ではなく、支援や啓蒙活動のような方向性なので、出費ばっかりがあって、儲けはからっきしないわけです。まともに活動すればするほど費用がかさむというアレです。

けれども一番法人化しやすい「合同会社」という形態では、営利目的であることが前提のため、法人住民税が免除されることは基本的にありえません。(休眠会社化するという手はありますが、そうすると、法人化のメリットも得られなくなります) 非営利型の一般社団法人であれば免除されるはずなのですが、上記に書いたように家族や三親等以内の親族以外で理事を探さなければならないわけです。NPO法人は言わずもがな。

実態に一番あった法人は、非営利型の「一般社団法人」です。
ただ、基本的に自分がやりたいことをやるための法人のため、他人を引き込むのも中々難しいのではないかと思います。元々そこまで親しい友人は少ないですし、名前を貸してくれといっても、そもそも名前を貸すという行為はリスクが伴うわけで、そういうリスクに友人を巻き込むのは申し訳ないわけです。リスクを承知でどうしても協力したいと言ってくれる人がいれば良いのですが、まぁ期待はできないでしょう。

となると、残るのはやはり「合同会社」です。こいつは一人でも登記&設立できる法人です。あの西友も合同会社です。ただ、名前はあんまり格好良くないですし、活動する以上どうしても毎年8万円の税金を払わなければなりません。それに世間的に見て会社は営利を目的としたものですから、いくら非営利事業と主張しても信じてもらえず、「アヤしい会社」というイメージに見られる可能性が高いです。

というわけで、しばらくはこの話は実現しなさそうです。
まあ、毎年躊躇せずに8万出せるほど給料が上がればいいんですけどね!
(ひどいオチ)

P.S.

ちなみに、もし友人諸氏の中に理事になっても良いという物好きの方がおられましたらご連絡下さい。