タグ別アーカイブ: トラブルシューティング

備忘録 「指定されたネットワーク プロバイダー名は無効です」への対処

provider-error

なぜかそんなエラーが出てファイル共有ができなくなった。
何かシステムファイルが欠けた可能性があるので、管理者コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行してみたが、異常なし。

C:\WINDOWS\system32>sfc /scannow

システム スキャンを開始しています。これにはしばらく時間がかかります。

システム スキャンの検証フェーズを開始しています。
検証 100% が完了しました。

Windows リソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。

C:\WINDOWS\system32>

Google先生に聞いてみても、未解決のQAサイトしか見つからない。
ということで、「ネットワークプロバイダ」で調べてみることに。

そこで見つけたのが、このページ。
光と酒の誘惑 2: PC小技集41 http://tamba-yu.269g.net/article/15777884.html

とりあえず、「ネットワークと共有センター」→「アダプターの設定の変更」を開き、Altキーを押してメニューを出した後、「詳細設定」→「詳細設定」を開いいた。

ネットワーク接続 詳細設定
ネットワーク接続 詳細設定 プロバイダの順序タブ

あれ!? 
Microsoft Windows ネットワークがない。

ま、まさか……

続いてネットワークアダプタのプロパティを確認。
lan-prop

やはり、「Microsoft ネットワーク用クライアント」がインストールされていない!

というわけで、インストールボタンから、「Microsoft ネットワーク用クライアント」をインストール。

network-client

これで、無事に詳細設定のプロバイダにも「Microsoft Windows ネットワーク」が表示されました。

provider2

そして、ファイル共有も正常に戻りましたとさ。

PC更改でネットワークアダプタが変わってしまったのが原因の模様。

kvm上のWindowsでvirtioがめっちゃ遅くなったので対処

以下メモ。

自宅鯖ではkvmを使って仮想化をしているのだが、qemuを1.2系に上げてから、ディスクアクセスがめっちゃ遅くなった気がする。
ホスト側のFSがbtrfsなので、仕方がないと思っていたが、ついにゲスト側のベンチで書き込みが8MB/secぐらいまで落ち込んでしまったので、重い腰を上げて対処しなければならないことに。

というわけで、やったこと。

  • IOモードとキャッシュモードをdefaultにする
  • Windows用のvirtioドライバを更新(http://alt.fedoraproject.org/pub/alt/virtio-win/latest/images/bin/ )
  • 2個目の対策が一番効果があった。
    ということなので、ホストのqemuと、ゲストの準仮想化ドライバとの相性が悪くなっていたのではないかと推察。
    まぁめんどくさいのでこれ以上の調査はなし。

au版iPhone5の○(丸印)問題を解決するかもしれない方法

アンテナピクト横の○(丸)表示
アンテナピクト横の○(丸)表示

圏外から圏内に入ったときや、電波が不安定なときなどにアンテナピクトの横に○(丸印)が表示される問題。

iPhone4S の時から同じような問題はあったようです。KDDI固有の問題ですね。これは、1Xで接続中に表示されるもののようです。電波が弱くても1Xで繋がってくれるのは有り難いことです。しかし、中々3Gに復帰にしないのが問題なのですが。

聞いたところによると、PRLの更新を行うことで解決できるようです。
PRLはローミングエリア情報のことなので、あまり関係があるとは思えないのですが、とりあえず方法を紹介します。

au公式では以下のページに説明があります。
国際サービス | サービス | iPhone 5 | au

具体的な方法は、

  1. iPhoneから「*5050」に電話発信する
  2. ガイダンスが流れるので、聞く。ガイダンスが終わると電話が切れる
  3. しばらく待つとPRLが更新される

更新が完了すると、以下の画面が表示されます。

PRL更新完了
PRL更新完了

ちなみに、PRLのバージョンは更新されると「3」から「5」となりました。
PRLのバージョンの確認方法は以下の手順で行えます。

  1. 設定→一般→情報を表示
  2. 一覧の中から「キャリア」をタップする
  3. キャリアが表示されていた部分が「PRL」に切り替わる
PRLのバージョン
PRLのバージョン

更新した初っぱなから○印表示されてますが、10秒ほどで3G表示に復帰しました。
復帰は速くなったのではないでしょうか。とりあえず、明日、○が表示されやすい場所で確認してみたいと思います。

【これで解決?】auのiPhone5でテザリングが有効にならない時に試すこと

KDDI auのiPhone5でテザリングが有効にならないことがあるようです。
テザリングオプションを契約しているにもかかわらず、下記のようなメッセージが表示されます。

テザリングを有効に出来ない
テザリングを有効に出来ない

インターネット共有を設定
このアカウントで”インターネット共有”をオンにする方法については、KDDI(157)に問い合わせるか、https://cs.kddi.com/smt_i/te/にアクセスして下さい。
[発信]
[Webに移動]
[キャンセル]

テザリングがあるからau版のiPhoneにしたのに、これでは悲しいですね、はい。

僕もそのうちの一人なのですが、auショップに持ち込んでじっくり確認して貰ったところ、一応テザリングを有効にできるところまではたどり着きました。ただ、どうしてもwifiテザリングが有効にならないので、どうやら最終的には初期不良交換になりそうな気がするのですが、それ以外の部分は皆さんの参考になるかもしれないのでここに書いておくことにします。

もしかしたら解決出来るかも知れない方法

  1. LTE NETとテザリングオプションが契約状態なっていることを確認する
    →店員さんがドタバタしているうちに契約情報登録を間違えてしまうことがあるようです。157に電話するか、「auお客さまサポート」で確認できます。
  2. 電源オフ/オンを行う
    →これでテザリングオプションの契約状態が端末に反映されるようです。なお、20時以降に契約した場合は、少なくとも翌日午前9時まで反映されません。翌日午前9時に電源をオフ/オンして下さい。
  3. nanoSIMカード(au ICカード)を抜き差しする
    →接触不良等で上手くいかないこともあるようです。
  4. 別の端末のnanoSIMカード(au ICカード)を挿してから、元のnanoSIMカードを挿す
    →原因は不明ですが、僕はこれでテザリングが有効になりました。もしiPhone5を持つ知り合いがいれば一番手軽な方法です。auショップ店頭で店員さんにデモ機のSIMを一旦挿して貰うなどの方法もあります。
  5. nanoSIMカード(au ICカード)を再発行して貰う
    →この方法で有効化できたという報告がTwitterにあります。

なお、何故テザリングが有効化できないのか、また、上記の方法で何故テザリングが有効にできるのかは不明です。これらは対症療法に過ぎず再発する可能性もあります。しかし、今の所、工場出荷状態に戻してもテザリングが有効になっているので、当面はこれで問題ないかと思われます。

しかし、僕のは何故かwifiでテザリングが使えないので、他の初期不良も絡んでいる場合がありそうです。

最後に、もしauショップ店頭に持っていく場合は、可能であれば、バックアップを取って、工場出荷状態に戻して、「もうどうにでもしてぇ〜」状態で持っていくことをお勧めします。こうすることで店員さんも問題の切り分けがしやすいと思います。

また何かあれば追記したいと思います。

追記
記事を書いている間に復旧したようです
「テザリングオプション」復旧のお知らせ http://www.au.kddi.com/iphone/info/0922/

SourceTreeで日本語ファイル名を正しく扱う方法

SourceTreeは、MacOSX用のgitフロントエンド。
例に漏れずUTF8-MAC問題を抱えている。他OSで作成されたリポジトリに日本語ファイル名や、その他マルチバイト文字、アクセント記号付きアルファベット等を含むファイル名が含まれている場合、正しく扱うことができない。
それは、バックエンドのgitが古いバージョンだから。

この記事では設定方法を紹介する。

続きを読む SourceTreeで日本語ファイル名を正しく扱う方法

git 1.7.12でUTF8-MAC問題が解決

gitの唯一の弱点は日本語ファイル名に弱いことだ。
つい最近WindowsではUTF-8ファイル名に対応したが、MacではUTF8-MAC(UTF-8-MAC)問題という持病を抱えていた。
このため、WindowsやLinuxで濁点、半濁点とかの入った日本語ファイル名のファイルを含むリポジトリを作成し、Mac上にcloneすると、次の画像のようにこれらのファイルをリポジトリ内のファイルとして見なしてくれないと言う問題があった。

日本語ファイル名が使えなかった旧バージョンのgit
日本語ファイル名が使えなかった旧バージョンのgit

簡単に説明すると、ファイル名の見た目はLinux等と一緒だが、文字コード的に濁点の扱いが微妙に違うためである。ある意味、文字化けの類の問題である。この説明はかなり端折っていて不正確なので、技術的な詳細はこちらを参照して欲しい。

これまで、解決するにはnfsをマウントする方法や、パッチはあったが、本家では取り込まれていなかったし、誰もが諦め掛けていた。

しかし、2012/08/19。ついに、この問題が解決した!

続きを読む git 1.7.12でUTF8-MAC問題が解決