タグ別アーカイブ: Mac

SourceTreeで日本語ファイル名を正しく扱う方法

SourceTreeは、MacOSX用のgitフロントエンド。
例に漏れずUTF8-MAC問題を抱えている。他OSで作成されたリポジトリに日本語ファイル名や、その他マルチバイト文字、アクセント記号付きアルファベット等を含むファイル名が含まれている場合、正しく扱うことができない。
それは、バックエンドのgitが古いバージョンだから。

この記事では設定方法を紹介する。

続きを読む SourceTreeで日本語ファイル名を正しく扱う方法

git 1.7.12でUTF8-MAC問題が解決

gitの唯一の弱点は日本語ファイル名に弱いことだ。
つい最近WindowsではUTF-8ファイル名に対応したが、MacではUTF8-MAC(UTF-8-MAC)問題という持病を抱えていた。
このため、WindowsやLinuxで濁点、半濁点とかの入った日本語ファイル名のファイルを含むリポジトリを作成し、Mac上にcloneすると、次の画像のようにこれらのファイルをリポジトリ内のファイルとして見なしてくれないと言う問題があった。

日本語ファイル名が使えなかった旧バージョンのgit
日本語ファイル名が使えなかった旧バージョンのgit

簡単に説明すると、ファイル名の見た目はLinux等と一緒だが、文字コード的に濁点の扱いが微妙に違うためである。ある意味、文字化けの類の問題である。この説明はかなり端折っていて不正確なので、技術的な詳細はこちらを参照して欲しい。

これまで、解決するにはnfsをマウントする方法や、パッチはあったが、本家では取り込まれていなかったし、誰もが諦め掛けていた。

しかし、2012/08/19。ついに、この問題が解決した!

続きを読む git 1.7.12でUTF8-MAC問題が解決

Parallels Desktop 7 vs vmware Fusion 4

OSX LionなMacbookAir(mid 2011) でParallelsをしばらく使っていたが、最近、vmwareを買い足したので比較したいと思う。といっても、他のサイトで散々比較されているので、個人的に気になった点だけピックアップ。

■デスクトップ統合
Parallels の coherenceモードの圧勝。
vmwareのunityは色々と気が利かないし、希にマウスが利かなくなることがある。 vmwareのunityの通知領域アイコンは、多いときに折りたたまれたりせず全て表示されてしまうので邪魔。しかもネットワークとか音量調節とかのアイコンもないので、非常に残念仕様。

■スリープからの復帰の安定度
vmwareの圧勝。というか、Parallelsがあり得ないぐらい酷い。
Parallelsを起動した状態でMacをスリープにすると、復帰できないことがある。真っ黒な画面のままフリーズする。これは、かなり高確率で再現する。そして、強制再起動をするしかなくなる。ゲストOSで保存していなかった編集データはぶっ飛んで涙目。
vmwareに乗り換えたのはこの一点に尽きる。Parallelsは反省して改善すべき。

余談だが、この手の不安定さはWindows NT系では経験したことがない。アプリごときに足を引っ張られてスリープ復帰出来ないMacOSというのはOSとしてどうよと思ってしまう。こんなことを言ったら敬虔な信者の皆様に怒られそうだけども、それだけMacOSの発展には期待しているということでひとつ。

というわけで、僕はしばらくvmwareを継続的に使ってみることにする。
便利でも安心できないというのはかなり致命的だから。